レビスマ通販情報

レビスマとは?

レクメズ社のレビスマは、即効性に定評のあるED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。
勃起不全や中折れなどの改善効果が期待できます。
主成分としてバルデナフィルを配合しており、先発薬であるレビトラと同等の効果を持ちながら低価格でコストパフォーマンスにも優れているお薬です。

レクメズ社とは?

レビスマの製造を手掛けるレクメズ社は、2013年にインドでスマートメディサイエンス社という社名で設立され、2019年に現在のレクメズ社に社名変更されました。
比較的新しい製薬会社ですが、効果の高いジェネリック医薬品を低価格で提供していることから注目され、世界中で認知度が高まってきています。

海外医薬品は基本的に体の大きな外国人向けに製造されているため、小柄な日本人の規格には合わない場合もありますが、レクメズ社では現地在住の日本人が監修に立ち会っていることもあり、日本人の体格や体質に合う製品も多く取り扱っています。
特にAGA治療薬のフィナクス、ミノクソール、デュタストロン、ED治療薬のレビスマ、バイスマ、シアスマは日本でも愛用者の多い人気商品です。
また、その他にもアフターピルのナイピル、性病治療薬のジスリン、クラビリンなどが日本に多く輸出されています。

レクメズ社では輸出国ごとに製品のパッケージを変えています。
記載する文章を輸出相手国の公用語に合わせて作成しており、例えば日本に向けて発送する製品のパッケージは全て日本語表記となっているのです。
服用方法や注意点など必要な情報を使用者自身で読み解ける仕様にすることで、製造国の言葉や医薬品に関する知識がない方でも安心して製品を利用できます。

レビスマの効果は?

レビスマの主成分であるバルデナフィルが全身の血行を促進し、勃起に必要な血液を陰茎に流れ込みやすくします。
さらに勃起を阻害してしまうPDE5(ホスホジエステラーゼ5型)という酵素の働きも抑え込むので、よりスムーズな勃起の実現が可能です。
完全に勃起しないという方はもちろん、なかなか勃起しない方や勃起が持続しない方、パートナーと何度も楽しみたいという方にも服用していただけます。

レビスマには即効性があり、早い方で15分から30分ほどで効果が現れ始めるため、セックスの直前に飲んでも間に合うと言われています。
服用後、お薬の効果のみで勃起してしまうことはありません。
通常時と同じように性的刺激を受けることで勃起に繋がります。

効果は5時間から10時間持続しますので、ご自身の都合に合ったタイミングで服用して下さい。
1回につき20mgまで服用できるとされていますが、元々体の大きな欧米人向けに作られていることもあり、欧米人に比べて体格が小さい日本人は10mgでも十分な効果を得られる方が多いようです。
過剰な服用を避けるため、初めて服用する方、高齢の方(65歳以上)、体調に不安のある方は10mgから開始することをおすすめします。
その後、効果や体調に合わせて量を増減することもできますが、1回の上限である20mgを超えての服用はできません。
摂取量に関わらず、服用後は24時間以上あけてから次回分を服用して下さい。
調整のためにご自身でカットしたお薬は、湿気を避けるためラップなどに包んで保管し、なるべく早く服用するようにしましょう。

レビスマの副作用

血行が促進されることで頭痛や顔のほてり、目の充血などの副作用が起こる場合がありますが、これらの症状はお薬の効果がなくなると共に自然消滅しますので、大きな心配はいりません。
しかし、こうした症状が気になる場合は頭痛薬や充血用目薬などを併用することで対処ができます。
また、空腹時の服用により胃痛が起こるケースもありますが、これも胃薬との併用で対処が可能です。
こうした症状が強く現れたり、これら以外の異常が現れたりした際はすぐに服用を中止して下さい。
中止後も症状が改善されない場合は必ず医師に相談しましょう。

また、稀ではありますが、服用後にめまいなどの症状が現れることもありますので、服用後は車やバイクなどの運転はお控え下さい。

服用時の注意点

レビスマは、ED治療薬の中では比較的食事の影響を受けにくい製品とされています。
しかし、十分な効果を少しでも早く得るためには空腹時の服用がおすすめです。
やむを得ず食後に服用する際は、脂質やカロリーの低い食事を心掛けて下さい。
また、成分の吸収効率が下がる恐れがありますので、満腹時の服用は避けたほうが良いでしょう。

アルコールの影響は基本的にないとされていますが、お薬の効果により血流が促進されることで、普段より酔いやすくなる場合があるため注意が必要です。
アルコールが回った結果、脳の働きが鈍くなることで性的刺激が伝わりにくくなり、勃起が妨げられてしまう可能性もあります。
アルコールによる一時的な身体機能の低下は、ED治療薬の服用に関係なく起こる現象です。
しかし一方で、アルコールにはリラックス効果があるため、緊張がほぐれて勃起しやすくなるとも言われています。
性交前の飲酒は適切な量で留めることが大切です。

食品の中には、薬品の成分との相性により相互作用を引き起こすものがあります。
消化官における吸収や代謝に影響が及び、薬品の効果や副作用が過剰に現れた、あるいは逆に薬品の効果が弱まった、といった事例もあるようです。
不安な方は事前に確認しておきましょう。

次に該当する方は服用できません。

  • 配合されている成分にアレルギーをお持ちの方
  • 心血管系障害や心臓疾患により性行為が不適当と考えられる方
  • 重度の肝機能障害、腎機能障害のある方
  • 人工透析を行っている方
  • 低血圧や高血圧など血圧に不安のある方
  • 網膜色素変性症の方
  • 不安定真菌症の方
  • 不整脈の方
  • 過去3ヶ月以内に心筋梗塞の既往歴があり心臓の手術を受けた方
  • 過去6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血の既往歴がある方
  • 白血病、鎌状赤血球貧血、多発性骨髄腫など血液細胞に問題のある方

これ以外にもご自身の健康に不安のある方は服用前に医師にご相談下さい。

レビスマの併用禁忌薬

併用禁忌薬として硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)、アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠など)、CYP3A4阻害薬(抗真菌薬、抗HIV薬、ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、ネルフィナビル、アザタナビル、テリスロマイシン、ネファンドンなど)が指定されています。
服用中のお薬のある方は飲み合わせの確認をしてから服用して下さい。