バリフゼリー通販情報

バリフゼリーとは?

バリフゼリーは、高い即効性で世界的に有名なED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。
有効成分もレビトラと同じバルデナフィルを配合しています。

お薬の形状は、製品名にもある通りゼリー状です。
錠剤タイプのバリフと比べて吸収されやすく即効性があります。
複数種類の味があることや、お水なしで手軽に服用できることから、錠剤が苦手でも安心して購入できると好評です。

アジャンタファーマ社とは?

バリフゼリーの製造・販売を手掛けるアジャンタファーマ社は、1973年の設立当初から現在まで衰えない勢いで成長を続けてきた製薬会社です。
2012年にアメリカ市場へ参入したのを皮切りに、現在では世界30ヶ国に製品を輸出、計1400品目以上の製品が商標登録されるなど、順調に活躍の規模を広げています。

グローバル企業としてのさらなる発展を目指し、28を超える国々から積極的に従業員を募ってきました。
その結果、現時点で7000人以上もの優秀な人材を雇用しています。
そのうちの600人余りが科学者であり、輸出地域に合った製品開発に日々尽力しているのです。

インド国内に6ヶ所、国外に1ヶ所の製造工場を構え、同社で取り扱う製品全ての製造を担っています。
このうち5ヶ所はFDA(Food and Drug Administration)と呼ばれるアメリカ食品医薬品局の厳しい基準を満たし、正式な認証を受けた施設です。
薬機法を遵守しながら、世界保健機関(WHO)の認証プログラムに基づいた安全な製品作りを行っています。

アジャンタファーマ社の製品の中でも特に知名度が高いのは、ED治療薬のカマグラゴールド、タダリスSX、バリフ、女性用バイアグラのラブグラといったジェネリック医薬品です。
世界各国で愛用者がいるのはもちろん、日本でも年々人気が増えてきています。
輸出製品以外では、鎮痛剤、抗生物質、抗マラリア薬、皮膚炎心血管疾患治療薬、抗糖尿病薬、婦人科疾患治療薬、眼科用薬など、幅広い医薬品の製造販売を行っている他、アフリカへの抗マラリア薬の供給などにも力を入れています。

2017年には「偉大な功労者(CEO)賞」と呼ばれるインド国内でも名誉ある賞を受賞して注目を集めました。
その後もインド政府機関への薬剤供給を開始するなど活躍の場を広げている、長い歴史と高い信頼のある会社です。

バリフゼリーの効果は?

主成分バルデナフィルの働きにより全身の血行が促進されます。
これにより陰茎に血液が流れ込みやすくなり、勃起がスムーズになります。
さらに、勃起を阻害する酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ5型)の働きも抑え込むためより力強い勃起をサポートすることができるのです。
全く勃起しない方はもちろん、勃起に時間がかかる、勃起が持続しないなどのお悩みをお持ちの方や、パートナーとたくさん楽しみたいという方にも服用していただけます。

バリフゼリーは即効性に優れているので、性行為の15分から30分前に服用すると良いでしょう。
また、4時間から6時間ほど効果が持続するため、ご自身の都合に合ったタイミングでの服用が可能です。
お薬の力のみで強制的に勃起するわけではなく、通常時と同じように性的刺激を受けることで勃起へと繋がります。
勃起し続けたままということもありませんのでご安心下さい。

1回に20mgまで服用することができますが、元々体の大きな欧米人向けに作られている製品ですので、欧米人と比べて小柄な日本人は10mg程度でも十分な効果を得られるようです。
初めて服用する方、高齢の方(65歳以上)、体調に不安のある方は10mgからの服用をおすすめします。
その後ご自身に合わせて増減することも可能ですが、1回の服用上限である20mgを超えて服用してはいけません。

1度服用してから次の服用までは24時間以上の間隔をあけましょう。
服用量の調整でカットしたお薬は、湿度を避けるためラップなどに包んで清潔に保管し、なるべく早く服用するようにして下さい。

バリフゼリーの副作用

主な副作用として、顔のほてりや目の充血、頭痛などが挙げられますが、これらは血行が促進されたことで起こる症状です。
お薬の効果がなくなると共に消滅することがほとんどなので、大きな心配はいりません。
これらの症状が気になる際は、充血用目薬や痛み止めなどの薬を併用することで対処できます。

また、空腹時の服用により胃痛が起こる場合もありますが、その際も胃薬の併用で対処が可能です。
一般的にはどれも心配する必要のない症状ではありますが、あまりに強く症状が出る場合はすぐに服用を中止して下さい。
中止後も症状が改善されない場合は必ず医師に相談しましょう。

稀ではありますが、服用後にめまいなどの症状を引き起こすことがあります。
服用後は車やバイクの運転はお控え下さい。

服用時の注意点

バリフゼリーは比較的食事の影響を受けにくい製品なので、食事のタイミングを気にすることなく服用できますが、十分な効果を得るには空腹時か食後2時間以上経ってからの服用がおすすめです。
食後の服用になる場合は、少しでも成分の吸収効率を上げるため、カロリーや脂質の低い食事を心掛け、満腹は避けて下さい。

基本的にアルコールの影響は受けないとされていますが、お薬の影響により血行が促進されることでいつもより酔いやすくなる場合があるので注意しましょう。
酔いが回りすぎると勃起しにくくなる恐れがあります。
脳の働きが鈍くなり、性的刺激が伝わりづらくなるためです。

この現象はED治療薬の服用の有無に関わらず起こります。
しかし一方で、アルコールにより緊張がほぐれることで勃起しやすくなる場合もありますので、「飲酒=勃起しなくなる」というわけではありません。
性交前の飲酒は適量を見極めることが大切なのです。

また、特定の飲食物の中には、お薬の成分との相性により相互作用を引き起こすものがあります。
有効成分の吸収が阻害されてお薬の効き目が悪くなってしまったり、代謝が良くなることでお薬の効果や副作用が強く出すぎてしまったりする事例もあるようです。
安全に使用するため、正しい知識を身につけてからの服用をおすすめします。

次に該当する方は服用できません。

  • 配合されている成分にアレルギーをお持ちの方
  • 心血管系障害や心臓疾患により性行為が不適当と考えられる方
  • 重度の肝機能障害、腎機能障害のある方
  • 人工透析を行っている方
  • 低血圧や高血圧など血圧に不安のある方
  • 網膜色素変性症の方
  • 不安定真菌症の方
  • 不整脈の方
  • 過去3ヶ月以内に心臓の手術を受けた方
  • 心筋梗塞の既往歴がある方
  • 過去6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血の既往歴がある方
  • 白血病、鎌状赤血球貧血、多発性骨髄腫など血液細胞に問題のある方

これ以外にも、ご自身の健康に不安のある方は服用前に医師に相談しましょう。

バリフゼリーの併用禁忌薬

バリフゼリーの併用禁忌薬として、硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)、CYP3A4阻害薬(抗真菌薬、抗HIV薬、ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、ネルフィナビル、アザタナビル、テリスロマイシン、ネファンドンなど)、アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠など)が指定されています。

その他にも服用中のお薬のある方は、必ず飲み合わせの確認をしてから服用して下さい。