睡眠薬

ソクナイト
(7件)
在庫有り
1錠 ¥64
ルネスタ・ジェネリック!ソクナイトは日本人が監修した依存性や耐性が少ない睡眠導入剤です。
フルナイト
(3件)
在庫有り
1錠 ¥64
寝付けない方へ!フルナイトは依存性や耐性が少ない非ベンゾジアゼピン系睡眠薬で入眠をサポートします。
ハイプロン
(9件)
在庫有り
1カプセル ¥40
ソナタ・ジェネリック!ハイプロンは超短時間型睡眠薬で寝つきを良くして夜間の睡眠を持続させます。
メラトニンタイムリリース
(6件)
在庫有り
1錠 ¥22
不眠症改善サプリメント!メラトニンタイムリリースは快眠に欠かせない成分を多数配合されているサプリメントです。
メロセット
(3件)
在庫有り
1錠 ¥32
自然な眠りに!メロセットはスムーズな入眠や質の高い睡眠を実現するサプリメントです。
タガラ
(3件)
在庫有り
1錠 ¥20
不眠症改善サプリメント!タガラは古来より天然の睡眠薬として用いられてきた天然成分です。
スリープスターターパッチ(パッチMD)
(3件)
在庫有り
1パッチ ¥96
不眠症改善!スリープスターターは天然成分配合の快眠効果や不眠症改善が期待できます。
ソミナー
(1件)
在庫有り
1錠 ¥36
2つの効果!ソミナーは抗ヒスタミン作用がある睡眠改善薬で不眠症改善とアレルギー症状の緩和に期待ができます。
アレルギーメディスン
(5件)
在庫有り
1錠 ¥7
ドリエルと同成分!アレルギーメディスンは不眠症状の改善のほか、花粉症や鼻炎のようなアレルギー症状の改善にも使用されます。
アドバンスドスリープメラトニン
(2件)
在庫有り
1錠 ¥26
快適な睡眠へ!アドバンスドスリープメラトニンはビタミンB6とメラトニン10mgを配合した強力な睡眠サプリメントです。

不眠症とは

1ヶ月以上の不眠により生活に不調が生じる不眠症眠ろうとしても眠れない、すぐに起きてしまう等の不眠症状は誰もが1度は経験したことがあると思いますが、1ヶ月以上にわたり不眠が続き、日々の生活に不調が生じる場合には不眠症と診断されます。
不眠症には4つのタイプがあります。
中々寝付くことができない「入眠障害」、何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」、朝早くに目が覚める「早朝覚醒」、沢山眠っても眠れたと言う満足感が得られない「熟眠障害」に分けられます。

不眠症の治療には、睡眠薬を用いた薬物療法が中心です。
一昔前に比べ、副作用も少なくなり、現在では安心して治療をすることができます。


睡眠薬の種類は?

病院で処方される睡眠薬は大きく分けて5つに分類されます。
その中でも現在処方されているのが、脳の興奮を抑え、不安や緊張等の不眠症状を抑えることができるハルシオンやレンドルミン等の「ベンゾジアゼピン系」と、ベンゾジアゼピン系で起こる可能性のある副作用を減らしたマイスリーやアモバン等の「非ベンゾジアゼピン系」です。
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、副作用が少なく安心度は高いです。
尚、睡眠薬には作用時間の違いがあり、自身に合った睡眠薬を服用する必要があります。

中々寝付けない方、一過性に不眠を感じる方は、寝初めに効果を発揮し、3時間程で効果が和らぐ超短時間型短時間型の睡眠薬を用います。
また、途中で目が覚めてしまう方、1度起きたら再度寝付けない方、朝早くに起きてしまう方、ぐっすり寝た気がしない方は、効果が長く途中で起きる心配のない中時間型長時間型の睡眠薬を用います。
最近では、ドラッグストアでも睡眠薬が手に入りますが、それらはアレルギー薬の副作用(眠気)を利用しているので、不眠症に対する治療効果は認められていない為、市販薬の使用は短期間の使用に留めましょう。

薬局、病院での購入

不眠の症状が現れた場合、誰もが1度は病院での受診を考えると思います。
医師の方へ相談することで安心感を得られます。
そして、診察により、自分の不眠のタイプや不眠になった原因等を特定できるかもしれません。
自己判断ではなく、診ていただくと的確に症状を抑えることができます。
また、処方してもらった睡眠薬は薬剤師のいる薬局で処方してもらいますが、睡眠薬の使用方法や、使用量等を薬剤師にも教えてもらうことができる為、安心して使用できます。
副作用が出てしまった場合も、主治医が素早く対応できます。

病院を受診することは、様々なメリットがあると言えます。
デメリットを挙げるとすれば、欲しいタイミングで手に入らない、通院する必要がある、診察料や処方料がかかり金額が高くなる、不眠症を人に知られる可能性がある、睡眠薬が欲しいのに処方してもらえない場合がある等です。

個人輸入での購入

病院で睡眠薬を処方してもらっているが、病院に行く時間が無い、面倒くさい、検査料や診察料が高い等で治療をやめてしまった方はいませんか?
そういう方には個人輸入での購入がオススメです。
自宅にいながら、必要な睡眠薬を注文することができます。
また、診察料、処方料等もかからない為、安く手に入れることが可能です。
病院を予約する手間を省け、誰にも知られずに治療をすることができます。
個人輸入での購入は、届くまで時間がかかるのがデメリットの1つですが、早めに頼む工夫や、少し多めに注文しておくといつでも服用することができます。

メリットが多い反面、もちろんデメリットもあります。
個人輸入での購入は医師の診察が無く、自己責任になります。
副作用が強く出てしまった場合等も自己責任になってしまいます。
少しでも自分に合った睡眠薬を購入できるように、医師の診察後に身体にあった成分を個人輸入で購入することをオススメします。
尚、個人輸入の販売サイトには本物そっくりな偽薬を販売する悪徳業者もいる為、安心安全な販売サイトで購入するようにして下さい。

睡眠薬の効果・副作用

不眠症に使用される睡眠薬の効果や副作用現在、不眠症に使用されている睡眠薬はベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系といった、脳の機能を低下させるものが主流です。
GABAの働きを強めることで、大脳辺緑系や脳幹網様体と呼ばれる部分の神経活動を抑え、催眠作用をもたらします。
また近年、メラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬といった、自然な眠気を強くすると言った睡眠薬も発売されています。
メラトニン受容体作動薬は、体内時計のリズムを司るメラトニンの分泌を促します。
オレキシン受容体拮抗薬は、覚醒状態の際に働いているオレキシンの働きを抑制し、睡眠状態に切り替えます。
共に生理的な物質に働きかかる為、依存性が少ない一方で、作用に強制力が無い為、効果には個人差があります。

また、副作用は作用時間により異なります。
作用時間の短い超短時間型や短時間型は、睡眠薬が急激に作用するので急激な変化に身体が慣れようとすることで起こる依存性や、中途半端な覚醒状態になったことで睡眠薬を服用後の記憶が無くなる健忘が報告されています。
作用時間の長い中時間型や長時間型は、起きてからも作用してしまい、眠気やふらつき等の副作用が報告されています。


睡眠薬の作用時間は?

入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4つの症状ごとにあわせ、作用時間で睡眠薬を選びます
超短時間型は、効果のピークが1時間未満、消失半減期は2時間から4時間です。
持続時間が短い為、夜中に起きてしまう方には向いていません。
短時間型は、効果のピークが1時間から3時間、消失半減期は6時間から10時間です。
超短時間型よりも持続効果は長い為、夜中に起きてしまう方にも対応していますが、起きてしまう時間によっては中時間型をオススメします。
中時間型は、効果のピークが1時間から3時間、消失半減期は24時間前後です。
長時間型は、効果のピークは3時間から5時間、消失半減期は24時間以上とされています。

中時間型、長時間型は翌朝まで効果が持続します。
しかし、効果が持続しすぎて朝になっても起きることができない、眠気を日中に持ち越してしまう場合もあります。
また、短時間型を使用していた方で、朝方に目が覚めてしまう方は中時間型や長時間型に変更する方もいるようです。

初めての服用にあたり

睡眠薬を活用して生活リズムを整える睡眠薬と聞くと躊躇してしまう方もいると思います。
しかし、不眠症を放置していると日中眠気が出る、注意力の散漫、疲れやストレスが溜まり身体に不調が起こる、事故や怪我、病気に繋がりかねません。
睡眠は、人の生活リズムにとても大切です。
健康的な身体を作る為に、睡眠薬を上手く使用することが重要です。
一昔前の睡眠薬(バルビツール酸系)は安全に使用することが難しく、死亡につながったケースもありましたが、現在使用されている睡眠薬は安全性も高く、過剰摂取しても死に至ることはなく、副作用も少ないのが特徴です。


効かないと感じたら

睡眠薬が効かないと感じた場合には、まず睡眠を妨げる行為をしていないかを確認して下さい。
本を読む、仕事や考え事等で頭を使う、IT機器やテレビ等の光で刺激を受ける等の行為は、睡眠薬の効果を妨げます。
睡眠薬を服用後は、眠るのに集中することが重要です。
また、睡眠の状態を観察し、作用時間の異なる睡眠薬に変更してみる等、自分に合った種類を探すことも重要です。

今処方されている睡眠薬は耐性が付きにくいと言われていますが、アルコールとの併用や必要以上の量を服用し続けることで、耐性が付きやすくなると言われています。
効果がないからと言って多めに服用するなど自分判断での服用はやめましょう。
また、睡眠薬をだけに頼らずに、規則正しい生活を心がけ、自然な睡眠ができるように努力することが重要です。
不眠の症状が軽い場合は、体質を改善するだけで不眠症を治すことも可能です。
体質改善にはサプリメントも有効です。

体験談

  • 体験談①

    家事と子育てと仕事で毎日へとへとで、疲れがピークになっていました。肌荒れもすごく、ろくに眠りにつけずに朝を迎えると言う繰り返しでした。睡眠薬の服用で、久しぶりにグッスリ眠ることができて、日常生活が一変しました。

  • 体験談②

    飲んで20分程したら眠くなってきて、そのまま目覚ましに起こされました。こんなにぐっすり眠れたのは久しぶりです。自分には合っているみたいです。

  • 体験談③

    不眠症が原因で、会社でミスをしてしまい睡眠薬を服用し始めました。服用し始めてからは、しっかり睡眠もとれ、頭も働くので、会社でもミスすることなく過ごせています。

  • 体験談④

    効果が長く続くので、朝の目覚めが少し悪くなりました。少し効きすぎ?午前中は少しウトウトしました。初めて睡眠薬を使用する方は、次の日が休日などで眠くなっても問題ない日に服用する事をオススメします。

  • 体験談⑤

    分量を間違えて服用してしまい、深い眠りについてしまいました。寝すぎで家族がビックリするほど。分量はしっかり守らないと怖いと思いました。


PAGE UP